中国輸入儲かる商品リストから【本当に売れる商品】を探すやり方!

どうも、sawaです。

 

今あなたは、中国輸入で儲かる商品が見つからず、悩んでいるのではないだろうか?

 

または、中国輸入を始めようとして、どんな商品が儲かるのか、知りたいのではないだろうか?

 

結論からいうと、「儲かる商品リスト」を手に入れたとしても、残念ながらそのリストでは儲かることはできません。

 

なぜなら、そのリストを「活かす方法」を知ることで、本当の「儲かる商品リスト」になるからです。

 

この記事を読めば、儲かる商品リストを最大限に活用して、想像以上の利益を出す方法をマスターすることができます。

 

儲かる商品だけを取り扱えるようになるので、

 

ぜひ、参考にしてください。

 

 

儲かる商品リストでは儲からない

結論からいうと、儲からない理由はつぎの「3つ」です。

 

・同じ商品を仕入れる

・同じ場所に出品する

・値下げ競争が起こる

 

儲かる商品リストだけで、少しぐらいなら稼げる可能性はありますが、上記の3つの理由から全くおすすめできません。

 

では、それぞれについて詳しく説明していきます。

 

 

同じ商品を仕入れる

その儲かる商品リストが、あなたの今までの経験や、独自のノウハウで見つけて作った「あなただけ」のリストなら、何の問題もありません。

 

しかし、インターネットで「儲かる商品リスト」や「売れる商品」と検索して出てきたリストは、すでに多くの人が見ています。

 

その多くの人が、そのリストを信じて、同じ商品をすでに仕入れています。

 

そのため、すでにライバルだらけになっている状態なのに、そこに同じ商品を出しても、儲かるわけがない」ということです。

 

 

同じ場所に出品する

つぎに、多くの人がやってしまっているのが、「儲かる商品リスト」に書いてあるのと、同じ場所に出品しているということです。

 

これは、どういうことかというと、そのリストに「これは実際にAmazonで儲かった商品リストです」と書いてあると、みんな「Amazon」に出品します。

 

「メルカリで爆売れした」と書いてあると、みんな「メルカリ」に同じ商品を出品しています。

 

これは、なぜかというと、「儲かる商品リスト」を探している人の多くが、中国輸入を始めたばかりの初心者だからです。

 

当たり前ですが、初心者の人は応用が利きにくく、言われたままをとりあえずマネしてみようとする人が多いです。

 

さらに「Amazon」や「メルカリ」というのは、初心者でも簡単に出品することができます。

 

そのため、新しくビジネスを始めた、多くのライバルが同じ商品を出品しているので、儲かるわけがない」ということです。

 

 

値下げ競争が起こる

せっかく仕入れて、販売してみたらライバルだらけだったという状態です。

 

その中から自分の商品を選んでもらうためには、ライバルよりも「価格」を下げるしかありません。

 

まったく同じ商品が同じ場所で売られていたら、間違いなく「安い」ものから売れていきます。

 

そのため、ライバルよりも1円安く販売を開始します。

 

そうすると、それを見たライバルがさらに1円安く販売を開始します。

 

それを繰り返すことで、値下げ競争になり、その競争に勝っても利益はほとんどないか、売れても赤字という地獄が待っています。

 

このように、値下げ競争が起こった時点で、儲かるわけがない」ということです。

 

以上の3つの理由から、儲かる商品リストを手に入れても、儲かることはできません。

 

それでは、そのリストを正しく活用して、真の儲かる商品リストに替える方法を説明していきます。

 

 

本当の儲かる商品リストとは

さきほど、リストに載っている「同じ商品」を「同じ場所」に出品してしまうと、ライバルも多く「値下げ競争」が起こり、儲からない商品になってしまうと説明しました。

 

本当の儲かる商品リストの正しい活用方法とは、とても簡単です。

 

それは、つぎの通りです。

 

・似ている商品を仕入れる

・イメージをふくらませる

・違う場所に出品する

 

どれもおどろくほど簡単ですが、効果は抜群です。

 

では、詳しく説明していきます。

 

 

似ている商品を仕入れる

手に入れたリストに、上の画像の赤枠の3,299円の「ワンピース(ドレス)」があったとします。

 

リストにある同じ商品を仕入れるのではなく、それと「似たような商品」を仕入れます。

 

まったく同じものを仕入れる人は多いですが、似たようなものを仕入れる人は、意外に少ないです。

 

では、さっそく似たようなワンピースを探してみましょう。

 

今回は、中国輸入の仕入れで多くの人が使用している「アリババ」で探してみました。

 

実際に出てきたのが、上の商品です。

 

左の赤枠の商品は、だいたい280円ぐらいで、右の赤枠の商品は680円ぐらいです。

 

このように似ている商品を仕入れると、ライバルと商品が「かぶる」可能性も低くなります。

 

さらに、もともと売れている商品の似ている商品なので、まったく売れないという可能性も低いです。

 

アリババの詳しい使い方を知りたい場合は、下の記事で説明していますので、ご覧ください。

 

【アリババ1688仕入れ】日本語変換方法から画面の見方&注意点

 

イメージをふくらませる

これはどういうことかというと、リストにある商品を使っている場面を想像して、関連する商品を探すということです。

 

例えば、先ほどのワンピースドレスを着ている人を想像すると、次の関連商品が思いつきます。

 

・パーティーバッグ

・ハイヒール

・パンプス

・ネックレス

・ブレスレット

 

などなど、想像して関連商品を探していきます。

 

そして、その商品の売れているものを探して、またその商品の似たものを仕入れるというように、くり返していきます。

 

そうすると、「あなただけ」「儲かる商品リスト」が完成します。

 

 

違う場所に出品する

そして、次にやるべきことは、リストとは違う場所に出品するということです。

 

もし、手に入れたリストに「Amazon」で売れた、「メルカリ」で売れたと書いてあったのなら、「ヤフーショッピング」や「楽天」で販売しましょう。

 

そうすることで、さらにライバルの数は少なくなります。

 

くれぐれもリストに書いてある同じ場所での販売はやめてください。

 

これで、あなたは儲かる商品リストの正しい活用方法を知ることができました。

 

では、つぎにそれをふまえた上で、以前に私が販売して儲かった商品をご紹介します。

 

 

中国輸入 売れる商品

ここにある商品は、すでに多くの人が似たような商品を販売している可能性があります。

 

そのため、イメージをふくらませて、関連商品のリサーチに役立ててください。

 

 

生活雑貨

 

腕時計

この商品は、700円ぐらいで仕入れて、2,980円で販売していました。

 

当時かなりの数売れました。

 

ビジネスを始めてすぐだったので、調子に乗って一気に大量に仕入れたところ、仕入れ過ぎて発送前に電池が切れるというミスをして、仕入れるのをやめました。

 

もし、腕時計を仕入れるのであれば、少しづつ仕入れることをおすすめします。

 

 

目覚まし時計

この商品は、320円ぐらいで仕入れて、1,680円で販売していました。

 

目覚まし時計は、「アナログ」も「デジタル」もよく売れる商品なので、おすすめです。

 

 

耳かき

この商品は、340円ぐらいで仕入れて、1,780円で販売していました。

 

これは普通の耳かきではなくて、先端にライトが付いているので耳の中が見やすくなるという特徴があります。

 

このように、便利な特徴がある商品は売れやすいのでおすすめです

 

 

アパレル

 

ワンピース

この商品は、760円ぐらいで仕入れて、2,380円で販売していました。

 

私はもう販売していませんが、今でも販売している人がいますので、今でも売れるということです。

 

この商品を取り扱う場合は、縫製が甘いのでしっかり検品してくれる中国輸入の代行業者を使うことをおすすめします。

 

 

帽子

この商品は、340円ぐらいで仕入れて、1,980円で販売していました。

 

このような男女問わないデザイン帽子はよく売れます。

 

夏前にはよく売れますが、それ以外の季節はなかなか売れないので、1年中儲かるとう商品ではありませんがおすすめです。

 

 

スカート

この商品は、920円ぐらいで仕入れて、2,980円で販売していました。

 

当時、チャックスカートが流行っていたので、爆発的に売れましたが、流行が終わるとまったく売れなくなりました。

 

それからは、流行ものを取り扱うのをやめています。

 

在庫をすべて売り切ることができたので、よかったのですが、流行ものは在庫の山になる可能性が高いので、おすすめできません。

 

 

スポーツ用品

 

ヨガマット

この商品は、350円ぐらいで仕入れて、2,180円で販売していました。

 

マットを仕入れる時の注意点は、丸めても以外に大きいので、中国から日本に輸入するときの国際送料や日本国内の送料が高くつくということです。

 

そのため、それを考えて値段設定をしないといけませんが、最近はライバルも増えて値段が下がってきているので、おすすめできません。

 

しかし、ヨガは今でも人気なので、マット以外のヨガ関連商品はおすすめです。

 

 

サポーター

この商品は、450円ぐらいで仕入れて、2,180円で販売していました。

 

先ほどのヨガマットとは逆で、この商品は薄いし軽いので、国際送料も日本国内の送料も安いので、おすすめです。

 

スポーツをする人だけではなく、意外にお年寄りや医療関係の人が購入することも多いです。

 

 

グローブ

この商品は、560円ぐらいで仕入れて、2,380円で販売していました。

 

このような消耗品もおすすめです。

 

一度気に入ってもらえると、リピートで購入してくれる人が多いからです。

 

 

携帯関連機器

 

スマホケース

この商品は、250円ぐらいで仕入れて、1,880円で販売していました。

 

スマホケースも中国輸入では人気の商品です。

 

ただ、今はライバルも多く、普通に出品するのはおすすめしませんし、そのままだと売れません。

 

新機種が出た時にすぐに出品するか、保護フィルムとセットにして販売したり、特殊素材でできているなどの、他との差別化をする必要があります。

 

そこまでするよりも、他の商品を出品する方が楽なので私はやめましたが、そういうのが好きな人にはおすすめの商品です。。

 

 

アームバンド

この商品は、340円ぐらいで仕入れて、1,980円で販売していました。

 

こちらもライバルの多い商品ですが、先ほどと同じように新機種に対応したり、オリジナルのロゴを入れたりと、少し工夫するだけで、今でも十分売れます。

 

オリジナルのロゴを入れたりすることを「OEM]と言いますが、OEMにはある程度の経験が必要になります。

 

OEMに興味がある場合は、下の記事で詳しく説明していますので、ご覧ください。

 

【中国輸入OEM】やる前に絶対におさえるべき9つのポイント!

 

充電器

この商品は、760円ぐらいで仕入れて、2,680円で販売していました。

 

充電器や他の電化製品を輸入するときは注意が必要です。

 

それは、コンセントにつないで使用するものは、国に申請が必要だからです。

 

これは、「電気用品安全法(PSE)」という法律で決まっています。

 

申請するには検査や書類を用意する必要があり、商品にもよりますが、数万~数十万の費用がかかります。

 

そのため、そこまでやる人が少ないので、ライバルも少ないです。

 

ちなみに、私はコンセントタイプではなく、申請のいらないUSBにつなぐタイプの充電器を販売していました。

 

 

カー用品

 

車載ホルダー

この商品は、340円ぐらいで仕入れて、2,380円で販売していました。

 

カー用品もとてもおすすめです。

 

都会に住んでいる人にはあまり車は必要ないかもしれませんが、地方に行くと一家に一台ではなく、一人一台の所有があたりまえというところもたんさんあります。

 

そして、車載ホルダーはわざわざ他の車に持って移動しないので、所有台数分をまとめて購入してくれる人が多いので、おすすめの商品です。

 

 

タイヤカバー

この商品は、900円ぐらいで仕入れて、2,580円で販売していました。

 

タイヤカバーもよく売れます。

 

こちらも車を使わない人には、何をするものかわからないという人もいるかもしれませんが、売れます。

 

これは、自宅や倉庫などで冬用タイヤを保管するときに使うためのカバーです。

 

このように、一般の人がなかなか思いつかない商品は、ライバルも少なくおすすめです。

 

 

洗車用タオル

この商品は、2枚で270円ぐらいで仕入れて、1,680円で販売していました。

 

1枚だけではなかなか売れませんでしたが、同じものを2枚や3枚セットにすることでかなり売れました。

 

素材を変えたり、セット枚数を増やしたりすることで、ライバルと差別化をして販売するのであれば、おすすめの商品です。

 

 

シーズン物

 

サングラス

この商品は、650円ぐらいで仕入れて、1,980円で販売していました。

 

シーズン物なので、1年中儲かる商品ではありませんが、7月~8月前半まではよく売れます。

 

その分ライバルもかなり多いですが、それでもおすすめな商品です。

 

ちなみに、シーズン物は、その商品の「ベストシーズンの3カ月前」から売れ始めるので、覚えておくと役にたちます。

 

 

水着

この商品は、1,100円ぐらいで仕入れて、3,480円で販売していました。

 

水着は流行があるので、注意が必要です。

 

女性で流行に詳しい人であれば、おすすめの商品です。

 

最近では、水着よりもインスタ映えを狙った、浮き輪などの関連商品の方がおすすめです。

 

 

コート

この商品は、1,700円ぐらいで仕入れて、4,280円で販売していました。

 

冬用のコートもかなり売れます。

 

その中でも、上の画像の様な、卒業式や卒園式、結婚式などに使えそうな、フォーマルのキッズコートはおすすめです。

 

普段着用のコートも売れますが、フォーマルコートはあまり流行の影響を受けにくいからです。

 

それに一生で一度なので、安い物よりもある程度高い物の方が売れる傾向にあります。

 

以上が、実際に私が販売して「儲かった商品」です。

 

大事なのは、この商品をそのまま出品するのではなく、「似ているもの」を探して出品してください。

 

さらに、この商品からイメージをふくらませて、「関連商品」を探してください。

 

そうすることで、ライバルとかぶりにくい、売れる商品が出品できます。

 

では次に、売れそうでも「仕入れてはいけない商品」があるので、説明していきます。

 

 

中国輸入 法律 規制

先ほど、コンセントにつなぐ家電製品のところで、少し説明しましたが、輸入するときにはいろいろな法律や規制があります。

 

これを知らずに輸入してしまうと、空港の税関で商品を没収されてしまったり、ひどいときには逮捕されてしまうこともあります。

 

でも、次の最低限のことをちゃんと覚えておけば、まったく問題ないので安心してください。

 

・電気用品安全法

・電波法

・食品衛生法

・薬事法

・消費生活製品安全法

・銃刀法

・知的財産権

・ワシントン条約

 

たくさん漢字だらけで、むずかしそうに感じるかもしれませんが、とても簡単なので大丈夫です。

 

それでは、ひとつずつ説明していきます。

 

 

電気用品安全法

先ほども出てきましたが、「コンセントにつなぐもの」は仕入れないようにします。

 

USBにつないで使うものや、乾電池で動くものは、大丈夫です。

 

 

電波法

「電波を出すもの」は仕入れないようにします。

 

ドローンやトランシーバーなどです。

 

 

食品衛生法

「口に触れるもの・口に入るもの」は仕入れないようにします。

 

食器やコップ、箸やスプーンなどです。

 

赤ちゃんが口に入れてしまいそうな、小さなおもちゃも対象になります。

 

 

薬事法

「医療機器や健康に影響を与えそうなもの」は仕入れないようにします。

 

マッサージ器や使い捨てのコンタクトレンズなどです。

 

 

消費生活製品安全法

「安全に関わるもの」は仕入れないようにします。

 

ヘルメットや圧力鍋などです。

 

 

銃刀法

「武器や武器に該当しそうなもの」仕入れないようにします。

 

エアーガンやコスプレ用の切れないナイフもダメです。

 

 

知的財産権

「パクリやコピー商品」は仕入れないようにします。

 

少しぐらいなら見つからないだろうと、軽い気持ちで仕入れてしまいそうですが、毎回ではありませんが税関では荷物の中身を確認されます。

 

そして、どんなに知らないと言っても、普通に逮捕されますので、本当にやめた方がいいです。

 

 

ワシントン条約

「保護されている動物が使われているもの」は仕入れないようにします。

 

象牙やトラなどの毛皮です。

 

 

今、紹介した中には、許可を取れば仕入れることが可能になるものもあります。

 

時間とお金はかかりますが、そこまでやる人は少ないので、ライバルも少なく大きなビジネスチャンスです。

 

しかし、まずはある程度経験をつんでから、この商品を取り扱うかを決めるようにしてください。

 

次に説明するのは、儲かる商品リストがなくても、「売れる商品の見つけ方」をお教えします。

 

 

中国輸入 リサーチ方法

ここまで、儲かる商品リストを手に入れて、そのリストの活用方法を説明してきました。

 

しかし、「リストが手に入らなかったら」どうすることもできません。

 

手に入ったとしても、そのリストがいつの時代のものかもわからないので、そもそも「儲かる商品リスト」は必要ありません。

 

では、どうやって「売れる商品」のリサーチをすればいいのかというと、それは、今現在売れている商品」の似ている商品を仕入れることです。

 

あなたがやることは、この記事で書いてあることと同じことをするだけです。

 

・似ている商品を仕入れる

・イメージをふくらませる

・違う場所に出品する

 

これを、「儲かる商品リスト」見て行うのではなく、「日本で多くの人が買い物をする場所」「売上げランキング」を見て行うということです。

 

なぜなら、どこの誰だがわからない人が出している「儲かる商品リスト」より、誰もが知っている場所の「売上げランキング」の方が「確実に儲かる商品リスト」だからです。

 

商品リサーチの基本や、そのランキングをさらに活用する方法などを、下の記事でとても詳しく説明していますので、ご覧ください。

 

【中国輸入リサーチ】行き詰まり破滅する前にやるべき7つのコツ!

 

まとめ

この記事のまとめ

・儲かる商品リストだけでは「儲からない」

・「同じ商品」を「同じ場所」に出品してはいけない

・イメージをふくらませると「見えてくる」

・ベストシーズンの「3カ月前」から販売

・仕入れてはいけない商品に注意

・儲かる商品リストは「必要ない」

・重要なのは「ランキング」

いかがだったでしょうか?

 

儲かる商品リストは、本当に必要ありません。

 

それよりも「ランキング」を見てリサーチをする方が、儲かる商品を探すのはとても簡単です。

 

これで、あなたは「儲かる商品リスト」を自分で作成できるようになりました。

 

次にあなたがやるべきことは、自分でリサーチした商品を、実際に仕入れて販売することです。

 

いくら情報を仕入れても、それを実行しなければお金は増えません。

 

この記事に書いてある通りにすれば、必ず結果は出ます。