【アリババ1688仕入れ】日本語変換方法から画面の見方&注意点

どうも、sawaです。

 

あなたは今、アリババから商品を仕入れようと思い、画面の見方が分からず困っているのではないだろうか?

 

また、どの店から仕入れるのが良いのか分からず、迷っているのではないだろうか?

この記事を読めば、その問題がすべて解消され、アリババから「良い商品」だけを仕入れることができるようになります。

 

中国仕入れでアリババは絶対に欠かせない存在です。

 

ぜひ、参考にしてください。

 

 

アリババとは

 

中国の企業「Alibaba Group(阿里巴巴集団)」が運営する、インターネットショッピングサイトです。

Alibaba Groupが運営するサイトには、

 

・Alibaba.com

・アリババ1688.com

・AliExpress

・天猫TMALL.COM

・タオバオ

などがあります。

 

上記のサイトでは、中国の「独身の日(11月11日)」に毎年セールを行っており、その日の売上げは、「4兆円」以上という、中国を代表する巨大企業です。

 

日本ではあまり有名ではないが、世界的には、あのAmazon」と並ぶとされる世界的な企業です。

 

 

アリババ1688.com

 

https://www.1688.com/

 

アリババには、「Alibaba.com」と「アリババ1688.com」の2つがあります。

 

結論から言うと、仕入れ先として一番多くの人が使っているのが、「アリババ1688.com」です。

 

理由は、「世界で一番」といわれるほど、価格が「安い」からです。

 

ただし、中国国内での流通がメインなので、品質は高くなく、日本への直送も基本的にはできません。

 

このサイトは、企業同士の取引用サイトのため、仕入れる際は中国輸入専門の、「代行業者」の利用が必須になります。

 

中国側で不良品などの検品をしてくれる、代行業者を必ず使ってください。

 

日本と違い、中国では返品の際の送料は、「お客様負担」が一般的です。

 

日本から中国に送り返すと、かなりの金額がかかります。

 

そのため、中国側で検品ができることが、重要になります。

 

代行業者については、とても重要になるので、下の記事もよく読んで、「良い代行業者」を探してください。

 

【中国輸入代行業者】初心者にもおすすめな3社と選ぶポイント比較!

 

 

Alibaba.com

 

https://www.alibaba.com/

 

こちらのアリババは、先ほどの「アリババ1688.com」の全世界向けのサイトです。

 

そう聞くと、こちらの方が良さそうに感じるかもしれませんが、実際はそうではありません。

 

大きな理由が2つあります。

 

1つ目は、出店している企業がアリババ1688.comに比べてかなり少ないことです。

 

2つ目は、海外向けなので、価格がアリババ1688.comよりも高く設定されています。

 

海外向けサイトなので、英語表記です。

 

英語が使える人は、直接交渉ができるのでメリットもありますが、品ぞろえや価格を考えると仕入れには使えません。

 

 

AliExpress(アリエクスプレス)

 

https://ja.aliexpress.com/

 

このサイトのメリットは、日本語で取引きができることです。

 

日本の、Amazonや楽天と同じようにクレジットカードから購入ができます。

 

届くのにかなりの日数がかかりますが、送料無料な商品も数多く販売されています。

 

しかし、日本に直送されるので代行業者を使えず、中国側で商品の検品ができないのが最大のデメリットです。

 

さらに、アリババに比べ、価格も高く設定されているので、試しに1つ購入する程度なら使えるかもしれませんが、仕入れには使えません。

 

 

天猫(TMALL.COM)

 

https://www.tmall.com/

 

ネットショップなどの企業と消費者の取引用のサイトです。

 

天猫(TMALL.COM)に出店する際は、厳しい審査に合格しないと店を出すことができません。

 

そのため、商品の品質は高く、安心できるサイトです。

 

さらに、代行業者も使えるので、メリットが多いのですが、その分、値段もかなり高く設定されています。

 

 

タオバオ(淘宝網)

 

https://www.taobao.com/

 

アリババと似ていますが、こちらは、消費者同士の取引用のサイトです。

 

消費者同士ですが、代行業者は使えます。

 

さらに、世界最大級のショッピングサイトですので、品ぞろえも豊富です。

 

しかし、価格はやはりアリババ1688.comよりも高いです。

 

 

中国仕入れの楽なやり方

 

あなたが、やるべきことは、たった「2つ」です。

 

・商品を選ぶ

・信頼できる代行業者を見つける

 

以上です。

 

中国仕入れは、選んだ商品を代行業者に購入してもらい、検品後に日本に送ってもらうのが一番楽なやり方です。

 

商品を選んだあとは、基本的に代行業者がすべて行ってくれます。

 

代行業者は、中国輸入ビジネスを行う上で、「パートナー」と言って良いほど、大事な存在です。

 

代行業者選びに失敗しないために、別の記事で詳しくポイントを説明しているので、良い代行業者がまだ、見つかっていないのであれば、下の記事を参考にしてください。

 

【中国輸入代行業者】初心者にもおすすめな3社と選ぶポイント比較!

 

それでは、商品を選ぶために、アリババ1688.comの使い方を見ていきましょう

 

 

アリババ(1688.com)の見方

アリババ1688.com
https://www.1688.com/

 

上のURLをクリックすると、サイトのトップページに移動します。

 

アリババの無料登録がまだの場合は、下記の記事でくわしく解説していますので、ご覧ください。

 

【アリババ登録方法】このやり方なら見れないページが見える!

 

アリババのトップページで使用するのは、下の画像の青枠で囲った2つの場所だけです。

 

 

この2つの場所を使って、商品の検索を行います。

 

「カテゴリー検索」

「キーワード検索」「画像検索」

 

に使用します。

 

それぞれを説明する前に、まず、グーグルのブラウザ「Google chrome」をダウンロードします。

 

理由は、アリババは中国語が使用されていますので、翻訳機能がある「Google chrome」を使用します。

 

完璧ではありませんが、意味が分かるレベルぐらいにはしてくれます。

 

慣れてくると、何となく意味が分かってきますが、最初は「Google chrome」に翻訳してもらいます。

 

Google chromeをダウンロードしていない場合は、ダウンロードしてください。

 

Google chromeダウンロード
https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/

 

 

アリババ日本語変換

 

Google chromeでアリババを開いたら、何もないところで、「右クリック」をします。

 

次に、メニューの中の「日本語に翻訳」をクリックします。

 

これだけで、サイトの中国語が日本語に変換されます。

 

それでは、それぞれの検索方法の説明をします。

 

 

カテゴリー検索

 

 

トップページの左側にあるのが、カテゴリーです。

 

気になるカテゴリーの上にマウスを置くと、さらに細かいカテゴリーが表示されます。

 

 

カテゴリーをクリックすると、商品一覧が表示されます。

 

その中から、気になった商品画像をクリックすると、商品ページに移動します。

 

商品ページの見方は、後で説明します。

 

カテゴリー検索では、大まかに検索するときには便利ですが、検索したい商品が決まっているときには不便です。

 

その時は、次の「キーワード検索」「画像検索」をします。

 

 

キーワード検索

 

 

商品のジャンルが、「Bluetooth イヤホン」など、ある程度しぼれている場合に使用します。

 

アリババは中国語のサイトなので、キーワードも中国語で入力します。

 

この場合は、「Google翻訳」を使って「中国語(簡体)」に変換します。

 

Google翻訳で、「Bluetooth イヤホン」を中国語に変換すると「蓝牙耳机」となります。

 

Google翻訳
https://translate.google.co.jp/?hl=ja

 

 

変換された中国語を「コピー」して、アリババの検索窓に「貼付け」「検索」をクリックします。

 

 

そうすると、「Bluetooth イヤホン」の検索結果画面に移動します。

 

この検索結果をさらに、細かく絞り込むこともできます。

 

 

特に、便利な絞り込み方法は、「売上げ順」「価格順」「優良店舗」の3つです。

 

 

「売上げ順」をクリックすると、直近の1カ月間の売上げ順に商品が並び変わります。

 

これで、売れ筋の「Bluetooth イヤホン」が探せるようになります。

 

「価格順」をクリックすると、販売価格順に商品が並び変わります。

 

その横の、価格幅を入力して「確定」をクリックすると、その範囲内の商品のみが表示されます。

 

ここで入力する価格は、「円」ではなく、中国の通貨の「元」です。

 

 

「元」の計算は、Googleやヤフーなどで「為替レート 元」と検索すると、すぐに出てきます。

 

これで、予算内の商品が検索できるようになります。

 

「優良店舗」をクリックすると、アリババの一定の基準を満たした店のみが表示されます。

 

これで、アリババの中でも質の高い店から仕入れることできます。

 

ただし、あくまで目安なので、くわしい優良店舗の見つけ方は後ほど解説します。

 

 

画像検索

 

検索したい商品の画像が、パソコン内に保存されている場合は、この検索方法が一番楽です。

 

アリババトップページの、検索窓の右側にある「カメラ」のマークをクリックします。

 

検索したい商品画像を選択します。

 

すると、時間がかかる場合もありますが、待っていると検索結果が一覧で表示されます。

 

1分以上待っても検索結果が表示されない場合は、もう一度画像検索をやり直すと出てくることもあります。

 

ちなみに、Amazonで3,000円で販売されている腕時計を検索したのが、下の画像です。

 

 

左上の青枠の画像が、検索に使用した画像です。

 

同じ商品や、似た商品がアリババに存在していると、上の画像のように一覧で表示されます。

 

「キーワード検索「画像検索」を使用すると、イメージしている商品を簡単に見つけられる場合が多いです。

 

それでは、次に商品の詳細ページの見方を、一緒に見ていきましょう。

 

 

商品詳細ページの見方

 

検索して、気になった商品が見つかったら、その商品をクリックして、詳細を見てみましょう。

 

このページでも、これから説明するところだけをチェックすれば問題ありません。

 

 

「商品価格(元)」

「取引数とレビュー」

「カラー・サイズ・在庫数」

 

他には、左側に「商品画像」、その上に「商品名」が載っていますが、ここではスルーします。

 

 

商品価格(元)

 

アリババの商品価格は1つではなく、仕入れる「個数」によって変わります。

 

 

上の画像の青枠内に2つ数字がありますが、上にある大きい数字が「価格」で、下の数字が「個数」です。

 

この場合は、購入数が「2~499個」までは「1個38元」「500~4999個」購入する場合は「1個34元」「5000個以上」だと「1個31元」で購入できるということです。

 

ちなみに、購入数が「2~499個」となっていますので、「1個」だけの購入はできません。

 

商品によって「100~999」となっている場合もあるので、最低購入数は必ずチェックしましょう。

 

 

取引数とレビュー

 

 

ここの見方は、この商品が直近の30日間に「44,834」個売れて、レビューが「1,327」件入っているという意味です。

 

左の「★」マークは、1,327件のレビューの点数の平均です。

 

レビューが悪いと、「★」の数も減っていきます。

 

この情報から、商品の「品質」がわかるので、ここも必ずチェックしましょう。

 

 

カラー・サイズ・在庫数

 

 

ここは、「カラー」「サイズ」などのバリエーションがある場合に表示されます。

 

白の商品の在庫数が「778,373個」、黒の在庫数が「830,811個」という意味ですが、在庫数は適当な場合が多いのでそこまで気にしなくても大丈夫です。

 

在庫が「0」の場合でも、代行会社に問い合わせてもらったら、在庫があったりもします。

 

 

店舗評価の見方

 

アリババを使用する上で、一番大事になるのが、この「店舗評価」です。

 

先ほどの、商品詳細ページをさらに、下にスクロールします。

 

そうすると、左側にその商品を販売している「お店」「評価」が出てきます。

 

 

価格が世界一安いと言われるアリババですが、日本では販売できないほど品質の悪い商品もたくさんあります。

 

品質の悪い商品を仕入れてしまうと、売ることもできず、返品するにもかなりの金額がかかるので、処分するしかありません。

 

まさに、お金をドブに捨てることになるので、「店舗評価」は必ず「チェック」してください。

 

 

チェックするのは、上の画像内の4項目です。

 

「運営年数」

「取引レベル」

「店舗ランク」

「店舗状況」

 

それでは、解説していきます。

 

 

運営年数

 

 

この店舗が、アリババに出店してから経過した年数です。

 

この場合は、アリババ登録4年目ということです。

 

ここは、そこまで重要ではないので、参考程度にチェックしてください。

 

年数が長くても、品質が悪い店もありますし、逆に、運営年数が短くても、品質の良い店もあります。

 

 

取引レベル

 

 

直近の30日間、購入者数や金額、さらに、直近の90日間の大きなクレーム数によって、5段階で評価されます。

 

・アリババに出店すると自動的にもらえる
・直近30日間の売上げ累積額が10,000元以上
・直近30日間の売上げ累積額が100,000元以上
・直近30日間の購入者数が20以上
・直近90日間のクレーム率が0.06%以下
・直近30日間の売上げ累積額が300,000元以上
・直近30日間の購入者数が30以上
・直近90日間のクレーム率が0.06%以下
・直近30日間の売上げ累積額が1,000,000元以上
・直近30日間の購入者数が40以上
・直近90日間のクレーム率が0.06%以上

 

購入者数が多いということは、品質が良く、優良店舗である可能性が高いです。

 

そのため、目安としては「レベル3」以上の店舗から仕入れるようにしましょう。

 

 

店舗ランク

 

 

今までの累積の取引金額によって「スター」「ダイヤ」「クラウン」の3種類に分けられ、さらにそこから5段階で評価されます。

 

 

累積の取引金額でランク付けされるので、運営年数が長くなるとその分ランクも上がっていきます。

 

そのため、運営年数にもよりますが、最低でも「ダイヤ1個」以上の店舗から仕入れるようにします。

 

 

店舗状況

 

 

アリババの店舗評価の中で、一番大切なのが、この「店舗状況」です。

 

「直近90日間」の店舗の状況を、「同業者」「比較」したときの数値が表示されています。

 

○% ↑とは、同業者の平均値よりも高く、逆に○% ↓は、低いという意味です。

 

ここを見て、この店舗から仕入れるかを判断します。

 

「货描」は、「商品説明の内容や商品写真が、実際に届いた物と一致しているか」という意味です。

 

これは、届いた商品が写真よりも実物の方が良かった場合などに、○% ↑になります。

 

そのため、○% ↑の店から仕入れるようにします。

 

「响应」は、「問い合わせをしたときの返信の早さ」です。

 

問い合わせの早さは、そこまで重要ではないので、ここが○% ↓でもあまり気にしなくて大丈夫です。

 

「发货」は、「注文してから商品が発送されるまでの速さ」です。

 

品質とは関係ありませんが、4% ↓まで下がってしまうと、注文して一週間以上してからの発送が多いです。

 

遅くて良いことはないので、○% ↑の店から優先して仕入れましょう。

 

「回头率」は、「一度購入した人がリピート購入している割合」です。

 

このリピート購入率が高いということは、人気の店舗なので、品質も良い可能性が高いです。

 

さらに、「店舗状況」をクリックすると、詳細が見れるので、こちらも一緒に見てみましょう。

 

 

店舗状況詳細の見方

 

 

上の画像の青枠部分をクリックすると、詳細ページに移動します。

 

それでは、解説します。

 

 

取引状況

 

ここでは、直近90日間の交易情况(取引状況)」がチェックできます。

 

 

「累計商品販売数」

「店舗利用者数」

「リピート購入率」

 

それぞれの項目の右側の数字は、「同業者の平均値」です。

 

そのため、このの数字が、同業者よりも高いほど、「優良店」ということになります。

 

 

サービス状況

 

次に、ページを下にスクロールすると出てくる、服务情况(サービス状況)」の見方を解説します。

 

 

「出荷までの平均日数」

「返金の平均日数」

「返品率」

「カスタマーセンターが介入した率」

「クレームに対しアリババが介入した率」

「返品件数」

「品質が理由の返品件数」

「理由が未回答の返品件数」

「返金協議中件数」

 

ここも、直近90日間の取引状況になります。

 

中央の赤枠が、「同業者の平均値」です。

 

たくさんありますが、返品率」だけチェックして、その他は、参考程度で問題ありません。

 

返品率」が、「同業者の平均値」よりも悪い場合は、その店からは仕入れないようにします。

 

それでは、さらに下にスクロールしてください。

 

 

店舗満足度

 

ここでは、「店铺总体满意度(店舗満足度)」が見れます。

 

 

「期間ごとの評価」

「店舗満足度(5点満点)」

 

高評価の数が多くて、店舗満足度も「4.7」以上ある店舗は、信頼できる可能性が高いです。

 

「店舗評価」の見方は以上です。

 

これで、信頼できる可能性の高い店舗が見つかったら、ぜひ今から教えるところもチェックしてください。

 

 

店舗内売上げランキング

 

先ほどの、「店舗評価」より、もっと下にスクロールすると、その店の「売上げランキング(销量排行)」が表示されています。

 

 

せっかく、いろいろチェックして、信頼できる可能性の高い店舗を見つけたので、その店の売上げランキングは必ずチェックしましょう。

 

ここから、月に「100万円以上」「売上げ」を上げる商品に出会うこともあります。

 

 

商品リサーチ

 

アリババで品質の高い、信頼できる可能性の高い「店舗」を見つけることができるようになったので、次にあなたが知らないといけないのは、「商品の見つけ方」です。

 

いくら良い店舗が見つかっても、「売れる商品」が見つからなければ意味がありません。

 

リサーチのコツを下記の記事で詳しく解説しています。

 

【中国輸入リサーチ】行き詰まり破滅する前にやるべき7つのコツ!

 

 

まとめ

この記事のまとめ

・アリババ仕入れは「アリババ1688.com」を使う

・中国側で検品をしてくれる「代行業者」を使う

・検索には、「キーワード検索」「画像検索」を使うと効率的

・一番大事なのは「店舗評価」

・お金をドブに捨てない

「信頼できる店舗」の探し方をマスターする

「売上げランキング」も必ずチェックする

「信頼できる店舗」のあとは、「売れる商品探し」

いかがだったでしょうか?

 

この記事の内容を、しっかり理解すれば、アリババで困ることはありません。

 

お金をドブに捨てることもありません。

 

いろいろ説明してきましたが、慣れてしまえばすぐに、信頼できそうな店舗をみつけれるようになります。

 

あとは、この記事の内容を暗記するぐらい読み返してください。

 

そして、それと同じ数、アリババで検索をしてください。

 

回数を重ねれば、必ずマスターできます。

 

品質の高い商品を見つけれるかで、半年後、1年後の結果は全く変わってきます。

 

基本をしっかりマスターすることで、あなたの理想の未来に近づく速さが変わります。